欲望の明確化は真の力成り( 変化することを恐れない )18.04.29
ネットビジネスオーナー限定・共有ページ )

 

 

欲望( 夢 )の明確化は真の力成り【 変化することを楽しむ 】

 

 

人の夢( 欲望 )は全てがモノ( 物欲 )で解決するわけではありませんが、

 

 人が創造する価値( モノ ) 有効活用 し、あなた  以外の人たち  に対して、

 

あなた自身を、より魅力的に魅せることができる

 

モノ( 価値 )を装備する( 変化・変身する )ことにより、

 

より早く欲望( 夢 )の達成を叶えることができる。という解釈が

 

しっくりくるように私は感じています。

 

 

モノ( 価値 )を装備する( 例 )口紅を付ける。カラコンを着ける。ロレックスを着ける。ポルシェに乗る。

 

 

 

なぜ、欲望を明確化すると夢が叶うのか?

 

 

あなたが恋する意中の女性から魅力的に見られたいという  欲望を叶えるため  に、

 

3000万円の真っ赤なポルシェを所有したいと、あなたは願望しました。

 

 

あなたはポルシェを販売するカーディーラーのショールームに展示する

 

真っ赤なポルシェにロックオン状態です。

 

 

もちろん営業マンにお願いをし、試乗もさせてもらい十分に感触を実感することができました。

 

 

 ここであなたは「 3000万円の真っ赤なポルシェを所有する 」という目標が設定できたのです。

 

 

欲望が明確化できたからこそ目標に強力なコミットメントができるのです。

 

 

 

過去の自分を、超える。

 

 

しかし、

 

過去のあなたの思考であれば、自分の300万円の年収に対し、10倍の3000万円もする

 

ポルシェを所有することなんて「 無理だ 」そんなことは分不相応な話だ ・・・ と 。。。

 

 

しかし、重大なのは、そのこと以前に3000万円のポルシェを所有( 購入 )しようとする

 

発想すらあなたは思い浮かばなかったはずなのです。

 

 

そう ・・・ 残念ながらあなたは気づいていませんが、

 

大人社会というで生き残れるように  夢を見ることができなくなった  あなたの思考は、

 

夢( 欲望 )を現実のようにありありと見ることができた  幼少時代に閉ざされてしまった  のです。

 

 

つまり、

 

 

 もともと突き破る「 枠 」など存在しない。

 

幼少時代から大人社会へと成長していく過程で、何とか大人社会で生き残れるように

 

 生きる選択肢を制限する 無意識の自己への洗脳 )自らを制限した「 」なのです。

 

 

 

無い袖は振ることはできない ・・・ は、「 」 ???

 

 

現実を  直視  すれば「 無い袖は振ることはできない 」ことは正論なのでしょう。

 

 

しかし、「 無い 」という事実に囚われるのではなく、

 

 袖が無ければ 新たに袖( 価値 )を創れば解決するのではないでしょうか?

 

 

 

 

目に見える「 モノ 」だけが全てではない

 

目に見える価値をあなたが創造する

 

 

 

 

あなたの潜在意識を開花させよ!

 

 

あなたの目に見える価値「 3000万円の真っ赤なポルシェ 」を所有するためには、

 

あなたは3000万円分の  社会( 他人 )への貢献  が必要になります。

 

 

つまり、あなたは

 

 

あなた  以外の人たち  に、「 3000万円分の価値を与えて 」ください。

 

 

 

夢は見て終わるものではありません。

 

 

 

自分に対して、身分不相応だとか  何の意味も成さない制限  や限界を

 

決め付ける事だけは止めてください。もう、終わりにしましょう。

 

 

 

「 人 」が創る、 「 人 」が創造するものに対して、

 

あなたが価値あるものと感じ、 それ  が社会に貢献できるものだと

 

気づいたのなら、 それ  有効活用 しましょう。

 

 

 

⇒ ⇒ ⇒ ガチガチの石頭が溶けていく

 

 

デジタル・ネットワーク社会と著作権

著作権(ちょさくけん)・コピーライト(英語: copyright)

著作権法 第10条1項、第2条1項1号
「 思想 又は、感情を創作的に表現したものであつて、
文芸、学術、美術 又は、音楽の範囲に属するもの 」は
著作物として定義されています。




すべての文章・コピー・複製・リライト・転載・音声公開等を一切禁止します。
このページは「 2018 © ネットビジネスオーナーズクラブ 」のオリジナルコンテンツです。